クズ嫁の毎日

私以上のクズ嫁発見記②

義兄と入れ替わりで引っ越してきた当時私は二人目を妊娠していました。

二人目が生まれ、上の子は保育園に行っていたことと

私の両親は働いていたため実家に帰るよりも、義父もいるし家のことをよくしてくれる旦那さんもいる方がいいんじゃない?

ということで里帰りはしませんでした。

義父も義兄夫婦のご飯を作っているんだから私たちのご飯作ってくれるだろう。とお願いしていました。

昼は母が仕事の合間に来て私のお昼ご飯と洗濯ものや掃除などをしてくれていたので助かっていました。

夜ご飯を義父にお願いして5日くらいたった頃、義父に「5人分の夜ご飯を作るのはしんどいからクズ嫁ちゃんたちのはクズ嫁母にお願いして」

と言われました。

・・・・・・・え?

私たちが断られるの?元気な義兄夫婦に自分たちのことやらせりゃいいじゃん?

義姉の実家は近くて義兄夫婦の子供は義姉実家で夜ご飯を食べています。

じゃあ義兄夫婦もそうすりゃいいじゃん?

私たちが一緒に住んでるのにこっちは産後なのに私の母は市外なのに、

いろいろなんで?と疑問に思いました。

この時私は「老後義父の面倒を絶対に見ない」と心に誓い旦那さんにもそう伝えています。

義兄夫婦には子供が一人いますが保育園の送りは義父がしています。

保育園のお迎えは義姉の両親がしていてその義姉実家に義父が子供を迎えにいき、

うちに連れて帰り義兄夫婦がご飯を食べにうちにきて子供と帰るシステムです(ややこしい)。

まあ要するに義兄夫婦は家のことも子供のことも何もしていませんww

産後なのに義父に断られるし義兄夫婦もこっちに気をつかってくれないし

なんじゃこの家(-_-メ)となりました。

でもこの時はまだ義兄夫婦との関係は普通だったんです。

仲悪くもないし仲良くもないみたいな・・w

それから数か月たち夏になりました。

私は10月にある宅建試験に向けて必死に勉強していましたが

勉強できる時間は子供たちを寝かせてからの夜しかありませんでした。

そこから私は鬼のように義兄夫婦にイライラしていたのです。

続く




はてなブックマークとランキングポチお願いします☆彡